モンテッソーリやシュタイナーと異なった起業家教育


これを書き始める時は、3歳だった僕の子供ももう4歳になりました。


子供の成長って早いですね〜


そいうえば、自分も幼いころって1ヶ月が長かったです(^^)


けれど、大人になるにつれて1ヶ月も遅くなっていきますね。


今日は、具体的な教育について書いていきたいと思います。




仕事やビジネスの原点は、実は家庭の中にあります。



家庭内に、習慣や考え方、ルールやマナーがあり、そこで身についたものが
どのようなものかで、社会に出てから決まります。



ここでの家庭内の幼児教育といっても、早期教育とかの「学歴」を目指したものではなく、
シュタイナーやモンテッソーリや七田式のように高額なお金をかけてする教育ではありません。



家庭内で誰でもでき、かつ、学歴を重視したものではなく、社会に出て本当に”役に立つ教育”
を目指したものです。



僕も様々なビジネスモデルを分析してきました。

その中で、どのビジネスにも共通して重要な教育の要素やある部分にだけ役に立つ教育の要素などがあります。



例えば、「演壇に立って話すことができる」という教育要素は、インターナショナルスクールなどで

重視されて教育されていますが、ビジネスでは、「セミナーができる」や「人の前に立って話す」

ことができるだけで、それほど、めちゃくちゃ大切かと言われれば、それほど重視するものでもありません。





もちろん、できるに越したことは無いとは思います。





しかし、幼児期に教えておく要素はたくさんある中で、ある程度限定していかなかれば、なんでもできるが
お金には苦労する子
になってしまう場合があると思われます。





「共通したビジネスの基本」に基づいた教育。




ビジネスが得意でデキる人はたくさんいてますが、これを「教える」ことができるか?

と言われれば違います。

また、「できる」と「教えるられる」は違います。

できるから教えられるかと言われると必ずそうとは限りません。

教えるにはそれなりに、体系化して、裏付けて、身に付ける術を伝授していくのはそれなりの独立した技術なのです。





意外と教えることが難しくて、できなかったり、体系化されていなかったり、

偶然に裏付けられたビジネスでは、教えることすら不可能です。



だからといって、ビジネスをしたことがない、塾の講師などでは教えることは

的外れになってしまいます。



このようなことをここのブログでは、書いていきたいと思います。

 

 

 

クリック応援お願いします!

↓↓↓↓↓


モンテッソーリやシュタイナーと異なった起業家教育:関連ページ

僕の投資とビジネスの研究
前回は、僕のビジネスの原点をざっくりを書かせていただきました。 前回の記事 お金を追求していくと、投資やビジネ […]
今なぜ、ビジネスなのか?
はじめまして、ハマヤンです。 ブログの初回になります。 書きたいことは山ほどあるのですが、 なかなか手をつける […]

トラックバックURL

http://3sai.net/%e3%81%af%e3%81%98%e3%82%81%e3%81%ab/%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%83%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%82%84%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%81%a8%e7%95%b0%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%9f%e8%b5%b7%e6%a5%ad%e5%ae%b6/trackback/